息子がお稽古先でバレンタインデーを認識しました

これまで、私からはバレンタインデーはダンナさんにだけチョコレートを贈っていたのですが、昨日、お稽古から帰った息子が「女の子たちがチョコレートを渡していたけど、あれはなに?」と質問して来ました。これまで、息子はチョコレートをもらったことがなかったので、バレンタインデーを知らなかったのです。息子にもあげた方がいいのかなとも思いましたが、お母さんからもらうより女の子からもらう方がうれしいよねと思っていました。ダンナさんに「お母さんからバレンタインデーにチョコレートもらってた?」と聞くと、「もらってたよ」とのこと。こうなると私もチョコレートをあげた方がいいのかも知れません。心の中では「自分の魅力でもらってらっしゃい!」なんですが。チョコレートというか、キットカットが大好きなので、息子にもキットカットを買いに行きました。箱入りでいいかなと思ったら売り切れで、味気ないですがお徳用パックになってしまいました。日常生活で頑張って欲しいことがあったので、「コレとコレとコレをお母さんは頑張って欲しいです」とメッセージを貼り付けてテーブルの上に置いておきました。今日は帰宅したらすぐお稽古の日なので見ている余裕もなくまた出かけてしまうかも知れませんが、母の願いが伝わるといいなと思った出来事でした。脱毛ラボ 新宿店